作者の権利を守る著作権と出版権

著作権はとても重要ですので、出版デビューする前にしっかり理解しておくことが大切です。

こちらでは、著作権と出版権について、また、クラウドファンディングによる出版の著作権と出版権についてお伝えします。

著作権とは?

作家が書いた作品は著作物であり、著作物を創作した作家には法律で著作権が与えられます。

著作権は知的財産権の一種であり、第三者が著作権を侵害すると法律で罰せられます。犯罪として認められた場合は懲役と罰金の両方を課される場合もあります。

第三者が著作物を利用する際には、利用する前に作家の許可を受けることが必要です。作家が本として出版するための文章を書くには、他人の著作権を侵害しないように注意することが必要であり、自分の著作物に他人の著作物を引用する際には、引用した部分が明確になるようにしなくてはいけません。

なお、著作権は作家の死後50年が経過すると消滅します。

著作権と出版権について

出版権とは出版社が著作物を出版することができる権利です。作家と出版社が出版権設定契約を締結することで、出版社は出版権を取得できます。そして、出版権者となった出版社が、著作物の印刷、製本、販売促進活動を行うというのが出版デビューまでの大まかな流れです。

クラウドファンディングによる出版の著作権と出版権

クラウドファンディングで本を出版する場合も、著作物を創作した作家は著作権を取得できます。

目標金額に到達した場合、作家と出版社は出版権設定契約を結び、出版権者となった出版社はクラウドファンディングで募った資金をもとに本を出版します。出版権設定契約を結ぶことで、作家の方は出版業務を一任できるので、自分で印刷会社を探す必要はありません。

KuLaScipは、本の、出版の、可能性を追求していきます。
その1つの方法としてクラウドファンディングを活用した出版を考えています。

クラウドファンディングでの出版は多くの可能性があり、今までとは違う新たな価値を読者の皆様に届けられると考えています。

小説、マンガ(漫画)、実用書など、様々なジャンルで、新人の方も、ニッチな分野でも、新たな価値を生むことができるよう、KuLaScipは、クラウドファンディングの場の提供から出版までトータルでサポートします。

出版を考えている方、わたしたちの考え方に賛同していただける方、ぜひKuLaScipまでご連絡ください。

出版社へのデビューをサポートするKuLaScip

会社名 株式会社KuLaScip (クラシップ)
住所(本社) 〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1丁目6−4
設立年月日 2018年1月11日
代表取締役/運営責任者 田口京子
資本金 500万円
電話番号 080-4795-6248
mail info@kulascip.co.jp
URL https://kulascip.co.jp/